「関東心霊庁シリーズ」の制作話/ニュース/雑談など。

小説「関東心霊庁除霊局/自走式人形」の第1巻「お春改」第2巻「お夏MK2」第3巻「お秋」第4巻「水無月」第5巻「スミレ」についての制作話/ニュース/雑談などです。WEBサイト「じぇんじぇんゾーン」の「関東心霊庁シリーズ」をご欄下さい。http://www.geocities.jp/rx78jenjen/kanto-top.html

昔、読んだ本(2)「奥の部屋」

昔、読んだ本(2)
「奥の部屋」ロバート・エイクマン
ちくま文庫

イギリスの作家、ロバート・エイクマンの
怪奇小説の短編集。
基本的にジャンル分けはどうでもいいのだが、
ホラーという感じはしない。
不穏な雰囲気のある、
不気味だったり、奇妙だったりする話。

「奥の部屋」は、徒歩旅行中に
森のなかで道に迷って、雨に降られて、
一軒家にたどり着いたら、
子供の時に買ってもらった
人形の家にそっくりだった…。
という話。

以前、みんな大好き「国書刊行会」から
出ていた単行本を買ったのだが、
新しい短編が2編収録されているので、
ちくま文庫の単行本も買う。

別にファンというわけでもないのだが、
まあ、買ったのだ。
おかげで、単行本と文庫本がある。

文庫本収録の7本の短編。
1960年代に書かれた作品である。
「学友」
 ・学生時代の友人が町に帰ってくると、
  友人は奇妙な人になっていた。
「髪を束ねて」
 ・結婚して、田舎の夫の実家に行くと、
  そこで町の変わり者扱いの中年女性と出会う。
  森を1人で散歩していると、その女性と会った。
  彼女は……。
「待合室」
 ・電車のなかで寝過ごしてしまい、始発がくるまで、
  待合室で1晩を過ごすことになった
  男が見たものとは……。
「何と冷たい小さな君の手よ」
 ・寂しさから、昔の知人女性に電話をかけると、
  知らない女性が出た。
  しかし、その女性と話が合って、たびたび
  電話をするようになったが、会ってはもらえない。
「スタア来臨」
 ・地方のさびれた田舎町の劇場で
  往年の大女優が舞台に立つことになった。
  小さなホテルに宿泊して、その地方についての
  調べ物をしていた男が、女優と知り合うことになる。
「恍惚」
 ・ある画家が、好きだった画家の家を訪れたいと、
  未亡人に連絡を入れたところ、許可がおりた。
  画家の家を訪れると、未亡人は奇妙なことを言い出す。
「奥の部屋」
 ・女性が1人で徒歩旅行をしていると、
  森のなかで道に迷って、雨に降られてしまう。
  一軒家にたどり着いたら、子供の時に買ってもらった
  人形の家にそっくりだった…。

オレは「髪を束ねて」「スタア来臨」
「恍惚」「奥の部屋」が好きだった。

「奥の部屋」以外のオレが好きな話には、
変なオバちゃんが出ていることに気づいた。

あと、文庫本「怪奇小説日和」(ちくま文庫)には、
ロバート・エイクマンの短編小説「列車」が
収録されていて、こちらは女性2人が徒歩旅行中に
迷ってしまい、変な家に泊まることになる話。
イギリスで徒歩旅行をすると、
イヤなところに迷いこむらしい。

奥の部屋(ちくま文庫)
怪奇小説日和(ちくま文庫)

f:id:rx78jenjen:20170922223332j:plain