「関東心霊庁シリーズ」の制作話/ニュース/雑談など。

小説「関東心霊庁除霊局/自走式人形」の第1巻「お春改」第2巻「お夏MK2」第3巻「お秋」第4巻「水無月」第5巻「スミレ」についての制作話/ニュース/雑談などです。WEBサイト「関東心霊庁シリーズ」をご欄ください。https://oharukai.jimdofree.com

10月30日(火)

午前、中野ブロードウェイの歯科医院で定期検診を受けた。虫歯はなかった。 いつも思うけど、朝の中野ブロードウェイ、まんだらけの営業時間の前だと人がいなくて、廊下の奥が異界につながっていそうで、なんか怖いね…。 昔、廊下の角から まんだらけのコス…

「ムー展」に行きました。

午前10時過ぎ、池袋パルコの「創刊40周年記念 ムー展」に行った。朝ムーである。なんだよ、朝ムーって。 創刊準備号のでかいパネル。表紙イラストは生頼範義氏。今年の1月に上野の森美術館「生頼範義」展に行ったのを思い出す。「1月25日(木) - 一生余生…

引っ越し先(仮)。

2019年3月にgeocitiesのホームページサービスが終了ということで、ひとまず「関東心霊庁シリーズ」で引っ越してみました。「これでいいのかな〜?」といった感じです。 「関東心霊庁シリーズ 」 見やすいとは思うのですが、どうっすかね?

2019年3月でgeocitiesが終了するそうです。

geocitiesのホームページサービスが2019年3月でついに終了するそうだ。 オレ、hollywoodとか番地があった時代にはじめたような気がするが、違うかもしれない。無料で最大8MBとか有料で20MBとかの時代だったから、軽いGIF画像にしていたんだと思う。最初はテ…

国立公文書館の展示「平家物語」に行きました。

「関東心霊庁シリーズ」には、「芳一スーツ」が出てきます。全身に梵字の経文が書かれている耐霊スーツで、人形乗りや除霊士、ヘルドッグが着ています。芳一スーツの元ネタといえば、「怪談」の「耳なし芳一」です。そして、耳なし芳一といえば、「平家物語…

追記。(「雑誌「CHINTAI」8月号(6月23日発売)の話。」への追記)

1ヶ月前の6月23日(土)に出た「CHINTAI」8月号に、オレへの取材記事が載ったという話に追記を書いた。 こちらである。まだ未見の方はどうぞ。 rx78jenjen.hateblo.jp 上の話にも追記として、書いたが、この「CHINTAI」8月号のオレの記事だが、WEB版で読め…

KDPで「無料インディーズマンガ」を出しました。

マンガ「K君の通学路」をKindleの電子書籍として出した。7月から新しくインディーズ無料マンガというのができたのだ。 「無料インディーズマンガ」なので、「0円」だよ。 8ページと短いので、気軽にDLしてお読みください。 0円だし。8ページだし。マン…

無料キャンペーン(初)のお知らせ(終了しました)

こちらの記事ですが、6月27日16:00で、無料キャンペーンは終了いたしました。 電子書籍「お春改」「お夏MK2」「お秋」の3冊同時の無料キャンペーンのお知らせです。 6月23日(土曜)夕方16:00頃から無料キャンペーンがはじまりました。終了予定は、6月27日…

雑誌「CHINTAI」8月号(6月23日発売)の話。

表紙にまさかのオレ。 今日6月23日(土)発売の賃貸情報雑誌「CHINTAI」8月号(首都圏版)で、オレの部屋が紹介されている。 雑誌表紙の左上「激安」の文字の上で、パソコンで漫画を描いている横向きの人は、オレです。 特集「家賃は破格 暮らし充実 激安物…

2017年の映画、博物館、美術館など。

2017年/映画館で観た映画。1月「エルストリー1976」「ドント・ブリーズ」「アイ・イン・ザ・スカイ」「ドクター・ストレンジ 」「沈黙-サイレンス-」2月「ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男」「ラ・ラ・ランド」3月「哭声/コクソン」「キングコ…

昔、読んだ本(3)「ぼくのまっかな丸木舟」

小学生低学年の頃に読んで、怖くて好きだった本「ぼくのまっかな丸木舟」を何気に図書館で検索をしたら、閉架にあったので、思わず借りる。創作子どもSF全集。3冊を借りた。「ぼくのまっかな丸木舟」(久保村 恵・著/中村 宏・絵)「砂のあした」(小沢 正…

昔、読んだ本(2)「奥の部屋」

昔、読んだ本(2)「奥の部屋」ロバート・エイクマン(ちくま文庫)イギリスの作家、ロバート・エイクマンの怪奇小説の短編集。基本的にジャンル分けはどうでもいいのだが、ホラーという感じはしない。不穏な雰囲気のある、不気味だったり、奇妙だったりす…

昔、読んだ本(1)「小泉八雲集」

昔、読んだ本(1)「小泉八雲集」(新潮文庫)「関東心霊庁シリーズ」には「芳一(ほういち)スーツ」と呼ばれる耐霊服が出てくる。経文のかかれたヘルメットと防護服を着用して、心霊現象から身を守るために使用される。元ネタはもちろん、小泉八雲の「怪…

雑談のための雑談。

この「関東心霊庁シリーズ」のブログに書くのに雑談すら無い感じになっている。「ラブホ戦記」からポルターガイストの話などを転載しようかと考えていたんだけどね。まあ、それもいいか。あと、自分の本棚を見ると、けっこう古い本もまだあって、サキ、ビア…

雑談:「ラブホ戦記」が連載400回になりました。

今日、5月16日(火曜)午後発売の「夕刊フジ」の『ラブホ戦記』で連載がちょうど400回目になる。本紙掲載のみで数えて、特別号を除く。オレが個人で数えていたので、たぶん編集部は気づいていないと思う。最初は3ヶ月くらいのお試し連載だったけど、いつ…

「お春改」「お夏MK2」がKDPに復活しました。「関東心霊庁シリーズ」が、Kindle Unlimited対象になりました。

関東心霊庁シリーズの第1巻「お春改」と第2巻「お夏MK2」が、KDP電子書籍に復活しました。それに合わせて、関東心霊庁シリーズは、電子書籍版を各巻250円で、Kindle Unlimited対象としました。 第1巻「関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改 」第2巻「関東…

「お春改」と「お夏MK2」の電子書籍について。

「関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改」「関東心霊庁除霊局/自走式人形お夏MK2」の電子書籍版は、一時的に販売していませんが、2017年4月20日までには、また販売を再開いたします。もうしばらくお待ちください。グレイプス文庫の2年間の出版契約の終了に…

うずくまる巫女(実話)。

冬の夕方、オレはコンビニに出かけた。日が暮れて、すっかり夕闇のなか、雑居ビルの1階の真っ暗なエントランスホールで、巫女さんがうずくまって、ごそごそ動いている。 「へえ、巫女さんがこんなところで、何を?……えっ? 巫女さん?」思わず2度見する。…

2016年&2015年。映画館。美術館。博物館など。

2016年/映画館で観た映画。1月「ガールズ&パンツァー 劇場版」「ブリッジ・オブ・スパイ」「クリムゾン・ピーク」「モンスターズ 新種襲来」「白鯨との闘い」「エージェント・ウルトラ」「ガールズ&パンツァー 劇場版」(立川/爆音上映)2月「ブラック・…

文庫本がネット通販でも買えます。

文庫本の「お春改」と「お夏MK2」は Amazonで買えましたが……。 関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改 (関東心霊庁シリーズ) 作者: じぇんじぇん 出版社/メーカー: グレイプス 発売日: 2015/12/20 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 関東心霊庁除霊局…

「関東心霊庁シリーズ」以外の電子書籍の話。

オレの電子書籍のうち3冊が、AmazonのKindle Unlimitedで読めます。登録していて、ご興味がある方はどうぞ。 「オレより先に魔王を殺したのは誰だ?」じぇんじぇん 「吸血鬼は抱き枕に噛みつかない」じぇんじぇん 「イプトマス家の召喚獣」じぇんじぇん 「…

「お夏MK2」で相羽成美が読んだ本。

「関東心霊庁除霊局/自走式人形お夏MK2」より。お夏MK2の人形乗りの相羽成美は、読書はしません。本には興味のない人で、時間つぶしに雑誌をパラパラと見る程度です。そんな成美が、先輩の人形乗りの堀之内唯子に借りた本は「燃える平原」(フアン・ルル…

お久しぶりです、のお話。

今日、4月25日から、井口 昇監督(映画「電人ザボーガー」「ヌイグルマーZ」ドラマ「監獄学園」など)のミニ写真集『監督』が渋谷駅スクランブル交差点の大盛堂書店2Fで発売されます。 https://twitter.com/grapes_shibuya/status/724508357592252416 ちな…

漫画家さんと会う。その2

漫画家で絵本作家の田中六大さんにお会いした時、サインをお願いしたところ、お春改を描いてくださいました。 可愛いですね。「お春改」も「お夏MK2」も持っているというのが、もうね。 田中六大さんの新しい絵本「うどん対ラーメン」(講談社)です。面白か…

漫画家さんと会う。その1

某飲み会で、漫画家で「紙-1グランプリ」主催者の三本 義治/美春/美治(みつもと・よしはる)さんとお会いしました。「お春改」と「お夏MK2」を読んでくださっていました。 ありがとうございます。 2016年04月17日のつぶやき | 三本 美春のブログ じぇん…

短編「黄泉地帯ツアー」の話。

グレイプス文庫「お夏MK2」の巻末には(紙本、電子書籍ともに)、特別付録として、短編「黄泉地帯ツアー」が収録されています。もともと短編「黄泉地帯ツアー」は、第5巻「スミレ」(短編集)のほうに入れるつもりでした。「スミレ」には6本の短編が収録さ…

ロンドンで幽霊を無視した友人の話。(実話)

(文庫本第1巻「関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改」のあとがき用に書いてはみたけど、ページ数が足りていたので、結局、入れなかった話)「ロンドンで幽霊を無視した友人の話」(本当にあった話) その昔、大学時代の友人Mが、ロンドンの金融会社で働い…

最初は「心霊庁」ではなかった話。

「関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改」は2010年に書かれたものです。最初のタイトルは違っていて、「関東復興庁除霊局/自走式人形お春改」でした。関東「心霊庁」ではなくて、関東「復興庁」だったのです。 1923年の関東大震災のあとに復興庁ができたので…