読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「関東心霊庁シリーズ」の制作話/ニュース/雑談など。

小説「関東心霊庁除霊局/自走式人形」の第1巻「お春改」第2巻「お夏MK2」第3巻「お秋」第4巻「水無月」第5巻「スミレ」についての制作話/ニュース/雑談などです。WEBサイト「じぇんじぇんゾーン」の「関東心霊庁シリーズ」をご欄下さい。http://www.geocities.jp/rx78jenjen/kanto-top.html

雑談:「ラブホ戦記」が連載400回になりました。

今日、5月16日(火曜)午後発売の
夕刊フジ」の『ラブホ戦記』で
連載がちょうど400回目になる。

本紙掲載のみで数えて、特別号を除く。
オレが個人で数えていたので、
たぶん編集部は気づいていないと思う。

最初は3ヶ月くらいのお試し連載だったけど、
いつの間にか連載8年目突入だ。
これからもよろしくね!

8年つづくといろいろあって、
最初は「ウンコ」はOKだったが、
今では、「ウ〇コ」と伏字になる。

イラストに女性の乳首を描くのは、
いつの間にかNGになっていた。
乳首は、髪の毛やセリフで隠すのだ。

一応、一般面に載るので、そんな感じ。

ちなみに、担当記者さんは
今では4人目となる。

基本的に一発OKなのだが、
全面書き直しは、過去に2回あった。
1つは季節を外してしまったため。
もう1つは身内ネタにもほどがあったため。

校閲からの問い合わせは4回くらい。

校閲から問い合わせがあって」
という担当さんの電話を受けると
「ひいいっ。オレ、何かやらかしましたか?」
ってなるよね?

印象に残っている問い合わせがある。

当時、ギャル雑誌の編集をやっていた友人と
遅い昼ゴハンを食べる約束をしていて、
オレは、その友人の取材が終わるのを
渋谷109の前で待っていた。

すると「ラブホ戦記」の担当記者さんから、
電話があって、
校閲から文章について指摘があったが、
すぐに校了なので、書き直しはできないか」
と言われた。

「今、外なんですけど」

「電話でできないでしょうか?」

オレは「おおっ。勧進帳みたいっすね」と言って、
担当さんに電話口で原稿を読んでもらい、
内容を確認しながら、口頭で書き直しをする。

しかし、その間に、渋谷109の前を
「風俗求人バニラ」や「漫画喫茶マンボー」、
さらにはアイドルの新曲の宣伝トラックが通るのだ。

「バ〜ニラ、バニラ、バ〜ニラ、求人」や
「マンボー、マンボー、マンボー」や
よく知らないアイドルの新曲が流れて、
うるさくて電話の声が聞こえない。

「あ、ちょっと、バニラ待ちです」「マンボー待ちです」
「アイドルちゃん待ちです」などと
宣伝トラックが通り過ぎるのを待ちながら、
書き直したのは、いい思い出である。