読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「関東心霊庁シリーズ」の制作話/ニュース/雑談など。

小説「関東心霊庁除霊局/自走式人形」の第1巻「お春改」第2巻「お夏MK2」第3巻「お秋」第4巻「水無月」第5巻「スミレ」についての制作話/ニュース/雑談などです。WEBサイト「じぇんじぇんゾーン」の「関東心霊庁シリーズ」をご欄下さい。http://www.geocities.jp/rx78jenjen/kanto-top.html

うずくまる巫女(実話)。

雑談 怪奇/ホラー/オカルト

冬の夕方、オレはコンビニに出かけた。

日が暮れて、すっかり夕闇のなか、
雑居ビルの1階の真っ暗なエントランスホールで、
巫女さんがうずくまって、ごそごそ動いている。


「へえ、巫女さんがこんなところで、何を?
……えっ? 巫女さん?」

思わず2度見する。

やはり、暗い場所で、外に背中を向けて、
巫女さんがしゃがみこんで、
壁だか床だかに何かをしている。
なんとなく「諸星大二郎先生の漫画っぽい」と思ってしまう。

なんだか見てはいけない現場のような気がして、
それでも立ち止まって、そっとようすをうかがう。

すると、立て看板「巫女バー」がピカピカと輝いた。
そこには、巫女バーがあったのだ。
巫女姿の店員さんによる、掃除や点灯などの開店準備だった。
暗いところで、看板のプラグをコンセントに入れたり……。

オレは、「そんなもんですよね〜」と思って、立ち去った。