「関東心霊庁シリーズ」の制作話/ニュース/雑談など。

小説「関東心霊庁除霊局/自走式人形」の第1巻「お春改」第2巻「お夏MK2」第3巻「お秋」第4巻「水無月」第5巻「スミレ」についての制作話/ニュース/雑談などです。WEBサイト「じぇんじぇんゾーン」の「関東心霊庁シリーズ」をご欄下さい。http://www.geocities.jp/rx78jenjen/kanto-top.html

「関東心霊庁シリーズ」以外の電子書籍の話。

オレの電子書籍のうち3冊が、
AmazonKindle Unlimitedで読めます。
登録していて、ご興味がある方はどうぞ。

「オレより先に魔王を殺したのは誰だ?」じぇんじぇん

「吸血鬼は抱き枕に噛みつかない」じぇんじぇん

「イプトマス家の召喚獣」じぇんじぇん

「関東心霊庁シリーズ」は、出版社が絡んでしまうため、
個人で勝手にKindle Unlimitedにはできない。
致し方なし。

 

「お夏MK2」で相羽成美が読んだ本。

「関東心霊庁除霊局/自走式人形お夏MK2」より。

お夏MK2の人形乗りの相羽成美は、読書はしません。
本には興味のない人で、
時間つぶしに雑誌をパラパラと見る程度です。

そんな成美が、先輩の人形乗りの堀之内唯子に借りた本は
「燃える平原」(フアン・ルルフォ)です。

燃える平原 (叢書 アンデスの風) : フアン ルルフォ : 本 : Amazon


借りたものの、成美は感想が言えずに困っていました。
というか、なぜ、成美にこの本を貸したのでしょうかね。


オレも本をたいして読まない側にいるので、
(メキシコ文学でいいんですかね?)
よく知りませんが、「燃える平原」は、読みました。
面白かったし、乾いた感じが好きでした。
短編集なので、寝る前に少しずつ読んだ記憶がありますが、
寝る前に読むような話ではないですね。

あと、フアン・ルルフォの「ペドロ・パラモ」は、大好きです!
まだ2冊とも持っていて、部屋のどこかにあるはずです。

ペドロ・パラモ (岩波文庫) : フアン・ルルフォ, 杉山 晃, 増田 義郎 : 本 : Amazon

 

 

お久しぶりです、のお話。

今日、4月25日から、井口 昇監督
(映画「電人ザボーガー」「ヌイグルマーZ」ドラマ「監獄学園」など)
のミニ写真集『監督』が
渋谷駅スクランブル交差点の大盛堂書店2Fで発売されます。

https://twitter.com/grapes_shibuya/status/724508357592252416

ちなみに、こちらのミニ写真集は
株式会社グレイプスで発行されています。
「お春改」や「お夏MK2」と同じ出版社ですよ。

井口昇監督は忘れているかもしれませんが、
オレは13年前にお会いしています。
井口昇監督が昔に撮った
5分の短編映画「アトピー刑事」(2003年製作)
(なかなかドイヒーなタイトルですね)
に出演したことがあります。

2人の刑事に追われて走っている連続殺人犯は、オレです。
刑事に追われるチョイ役なので、
ほとんど後ろ姿しか映っていませんけど……。

あと、同じく井口昇監督の映画「恋する幼虫」(2003年製作)の
劇中に出てくる漫画原稿は、オレが描きました。
また、漫画家役の荒川良々さんの部屋の撮影は、
当時住んでいた下北沢のアパートのオレの部屋で行われました。
なので、荒川良々さんが映っているシーンのフスマの後ろには
オレがADさんと一緒に隠れていたりします。

先日、新宿の映画館シネマカリテで監督をお見かけしたけど、
声はかけなったんですよね。久しぶりすぎて。

同じ本棚に井口昇監督の写真集とオレの小説本が並ぶとは…。
お久しブリーフ、でございます。

 

漫画家さんと会う。その2

漫画家で絵本作家の田中六大さんにお会いした時、
サインをお願いしたところ、
お春改を描いてくださいました。

可愛いですね。

「お春改」も「お夏MK2」も持っているというのが、もうね。

f:id:rx78jenjen:20160426150101p:plain

田中六大さんの新しい絵本「うどん対ラーメン」(講談社)です。
面白かったです。

www.amazon.co.jp

あと、オレが持っている田中六大さんの絵本。
「でんせつの いきものを さがせ!  ネッシー・ツチノコ・カッパはどこだ?(講談社の創作絵本)」

www.amazon.co.jp

 

それから、漫画本。
「クッキー缶の街めぐり」(青林工藝舎

www.amazon.co.jp

 

漫画家さんと会う。その1

某飲み会で、漫画家で「紙-1グランプリ」主催者の
三本 美春(みつもと・よしはる)さんとお会いしました。

「お春改」と「お夏MK2」を読んでくださっていました。

ありがとうございます。

2016年04月17日のつぶやき | 三本 美春のブログ

 
大昔のことですが、
どこかのBSだかケーブルだかのバラエティ番組で、
当時、下北沢に住んでいたアパートのオレの部屋で撮影があり、
その時の出演者の1人が三本さんでした。
深夜番組「よいこっち」のドイツ三本さんを観たことがあるので、
「うわ〜、ドイツ三本さんだ」と喜んだ記憶があります。

そのBSだかケーブルだかの番組は、
ロケ部屋提供者のオレも一緒に出演して(フリーダムですね)、
お題に答えた覚えがあるのですが、番組名も忘れてしまいました。
ただ、出演料がきちんともらえたので嬉しかったですね。

なんか、懐かしいです。

三本美春さん主催の 「紙-1グランプリ」

http://kami1gp.jimdo.com


前回の「紙-1グランプリ」を観にいきました。
優勝者が中本繁さんで、
漫画「ドリーム仮面」の方だったので、ビックリしました。
芸人の永野さんも出演されていました。

三本美春さんは、青林工藝舎発行の雑誌「アックス(AX)」に
よく漫画を描いています。

青林工藝舎 [seirinkogeisha]|雑誌アックス(AX)・単行本・グッズ


また、三本 美治さんのペンネームでも著作が出ています。
「順風」青林工藝舎

順風 | 三本 美治 | 本 | Amazon.co.jp

「ガンジス河で平泳ぎ」オークラ出版

ガンジス河で平泳ぎ : 三本美治 : 本 : Amazon.co.jp

 

 

 

 

 

短編「黄泉地帯ツアー」の話。

グレイプス文庫「お夏MK2」の巻末には(紙本、電子書籍ともに)、
特別付録として、短編「黄泉地帯ツアー」が収録されています。

もともと短編「黄泉地帯ツアー」は、
第5巻「スミレ」(短編集)のほうに入れるつもりでした。

「スミレ」には6本の短編が収録されていますが、
当初は7本の予定だったのです。

「お夏MK2」を文庫本として出すときに、
ページ数の都合で、短編1本を入れることになり、
「黄泉地帯ツアー」が独立した話だったので、書き直して、
「お夏MK2」に掲載することとなりました。

また、短編「黄泉地帯ツアー」の最後には、
「閲覧者/御堂和歌子(課長)」
という1文を入れる予定でしたが、
こちらは削除しました。

第1巻「お春改」、第2巻「お夏MK2」には、
御堂和歌子はまだ登場していないので……。

御堂和歌子は、第5巻「スミレ」の
短編の第1話「心霊調査官」に出てくる、
心霊情報分析室の心霊オタクの課長です。
ちなみに、第4巻「水無月」に少しだけ登場する、
心霊情報分析室のメガネの女性課長も、この御堂和歌子になります。

第5巻「スミレ」まで読まれた方は、
第2巻の「黄泉地帯ツアー」の最後に、
「閲覧者/御堂和歌子(課長)」
の1文を心のなかで付け足しておくと
なんとな〜くですが、第4巻、第5巻までの
つながりがある気分になると思います。

今、考えると、削除する必要は無かったですね……。

(おわり)

www.amazon.co.jp

 

ロンドンで幽霊を無視した友人の話。(実話)

(文庫本第1巻「関東心霊庁除霊局/自走式人形お春改」の
あとがき用に書いてはみたけど、ページ数が足りていたので、
結局、入れなかった話)

「ロンドンで幽霊を無視した友人の話」(本当にあった話)

その昔、大学時代の友人Mが、ロンドンの金融会社で働いていた。
日本の会社から外資系企業に転職して、ロンドン勤務となったのだ。

「ロンドンにいる間、せっかくなんだから、みんなで遊びに来いよ」


Mにはそう誘われていたが、
当時のオレはスケジュール的に長期休暇を取ることができない。
結局、他の友人2人がロンドンに行くことになった。

友人2人は、Mと昔のようにつるんで、ロンドンでの滞在を楽しんだ。

ある日、誰かが「ロンドンといえば、幽霊」と言いだしたので、
みんなでロンドン郊外の「幽霊が出る」といわれている、
小さなホテルに1泊することにした。

Mは、幽霊の類いを全く信じておらず、
ホラー映画を観ようが怪談を聞こうがお化け屋敷に行こうが、
面白がることはあっても、怖がることはない。

それに霊感が無いようで、どんな心霊スポットだろうが、
気軽に肝試しに行ける男だった。

さて、幽霊の出るホテルに泊まったところ、
深夜、3人が寝ている寝室に、小さい女の子が入ってきた。

女の子は寝室をウロウロとして、
それぞれのベッドのなかに手を入れると、
足を触っていった。

「すごく怖かったし、女の子の幽霊の手はとても冷たかった」

帰国後、友人2人は恐ろしそうにオレに語ったが、
両人ともホテル側が用意したヤラセだと思っているようではあった。


しかし、その翌朝、ロンドンの友人Mは2人に対して、
「女の子って何のこと?」と言ったそうだ。

Mは部屋に入ってきた女の子に全く気づいていなかったのだ。

なにしろMは横になったら1分以内に眠ってしまうくらい、
寝付きが良い。その上、少々のことでは起きない。

学生時代、大学寮の自室で昼寝をしているところを
寮生数人にベッドごとかつぎあげられて、外に連れ出され、
昼間の広場にベッドごと置き去りにされても目覚めなかった。

男子学生や女子学生に周りを取り囲まれ、
ようやく起きた時は、広場に歓声が上がったほどだ。

友人2人が笑って言った。

「あいつ、心霊スポットで眠っていて、
本物の幽霊にどんなに揺すられても、起きないだろうからな」


(おわり)